お知らせ

NEWS

「言葉で繋がるスポーツ界:プロ野球通訳の舞台裏」ウェビナーを開催します!

3つのプロ野球(NPB)球団でスポーツ通訳者として活躍された青木レオナルド・ケンさんをゲストに迎え、スポーツ界におけるコミュニケーションと語学力の重要性、通訳者としての役割と責任、そして成功のためのヒントやアドバイスを、彼の実体験を交えてお話しいただきます。
スポーツ通訳の世界に興味がある方、スポーツ業界でキャリアを築きたい方、またはスポーツ界の裏側に興味がある方は、ぜひこの貴重な機会にご参加ください。

スポーツ通訳の世界への一歩を踏み出すチャンスをお見逃しなく!

■日時
2024年6月18日(火)
19:00-20:00

■参加費
無料

■会場
zoomでのウェビナー開催となります。

■登壇者

青木レオナルド・ケン 氏

ベネズエラ出身。ベネズエラの父、日本人の母との間に生まれ、中学より日本へ。 物流会社にて営業に従事した後、デトロイト・タイガースのスカウトを経て、楽天、横浜DeNA、ソフトバンクで通訳を担当。 ソフトバンク時代は渉外担当も兼務し、ラテン圏の選手獲得に貢献し、チーム入団後もサポートに奔走した。

■ファシリテーター

小林至 氏
学校法人桜美林学園常務理事・桜美林大学健康福祉学群教授

博士(スポーツ科学)、MBA、1968年生まれ。神奈川県出身(神奈川県立多摩高校卒)。1991年、千葉ロッテマリーンズにドラフト8位指名で入団(史上3人目の東大卒プロ野球選手)。
1994年から7年間米国在住、コロンビア大学でMBA取得。2002~2020年、江戸川大学(助教授〜教授)。2005〜2014年、福岡ソフトバンクホークス取締役を兼任。パ・リーグの共同事業会社「パシフィックリーグマーケティング」の立ち上げや、球界初「三軍制」の導入等に尽力した。立命館大学、サイバー大学で客員教授。大学スポーツ協会(UNIVAS)理事、世田谷区スポーツ推進審議会委員。近著『野球の経済学』(新星出版)など著書、論文多数。

■主催
一般社団法人スポーツマネジメント通訳協会

■お申込み方法
下記peatixページよりご応募下さい
言葉で繋がるスポーツ界:プロ野球通訳の舞台裏 | Peatix